観葉植物のいろは

病気について

観葉植物は害虫によっては病気になってしまうことがあります。
自分の大切な観葉植物が病気にかからないためにもここで勉強しておきましょう!

病気にかからないようにしよう!

ホコリをとろう

観葉植物が病気にかからないようにしましょう。

観葉植物の葉の表面をよくみてください。ホコリがつもっていませんか?日々の水やりだけを行って満足していてはだめですよ!

ホコリは布やタオルなどでやさしくふきとってくださいね。

太陽の光を当てよう

観葉植物を家の中で育てている人はいませんか?

そのような観葉植物は太陽の光をあびる機会が少ないとおもいます。たまには外へ出して太陽の光をいっぱい浴びさせましょう!葉がイキイキとするかもしれません。

室内ビニール温室の水滴に注意

ビニール温室に直射日光が当たって、中の温度が上がると温室のビニールに水滴が付着してしまいます。放置しておくと水滴が床まで流れ落ちてしまい床を腐らせる危険があるので、必ず水を通さないシートを床に敷いておきます。ビニールに水滴が付いた場合は室内が暖かい時に開けてビニールに着いた水滴を自然に蒸発させるとよいです。冬の空気はよく乾燥しているので意外と乾きます。部屋が暖かい時は開けておき、暖房を切る時に閉めるというのが寒暖の差も少なくなるのでよい方法だと思います。それと、葉がビニールに接すると触れた部分が枯れる事があるので注意してください。

害虫、病気に注意

ビニール温室内は暖かく、冬でも害虫が出て害する事があります。たまに害虫がいないかチェックする事も必要です。湿度が高くカビが発生する事もあります。

pickup

yh株式会社ではエコロジーを考えた太陽光発電システム、オール電化、エコキュート導入のお手伝いを行っております。

太陽光発電 横浜

ひとりひとりに合った発声法をマンツーマンで指導します。

音楽教室を池袋で探す

観葉植物

Copyright c 2008 観葉植物のいろは. All Rights Reserved.